9/26 15:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

ドラギ氏「トランプ介入」におびえる? ハト派声明を会見で修正

2019/7/26 14:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州中央銀行(ECB)の理事会後にユーロが買われた。記者会見でドラギ総裁が景気への過度な悲観論を否定したためだ。その前に公表した声明では金融緩和の再開を強く示唆しており、緩和に積極的な「ハト派」に傾いた声明をドラギ氏が修正したようにも映る。米国ではドル高を嫌うトランプ大統領が介入に動きかねないとの論調が目立ち、ドラギ総裁は「不必要に刺激しないよう、あえてユーロ安・ドル高に歯止めを掛けたのでは」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム