/

この記事は会員限定です

原油相場、3月の「産油国決裂」前を回復

12月会合で結束確認へ

[有料会員限定]

ニューヨーク原油先物が今年3月の急落前の水準を回復した。急落の引き金は石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国による「OPECプラス」の協調減産決裂だった。その後、産油国は歩み寄り、原油相場は反発に向かった。12月初めに開く会合で産油国は結束を確認するとみられ、相場の支えとなっている。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン