/

オリックス生命保険、協力会社社員1人が新型コロナに感染

オリックス生命保険は26日、住友不動産新宿ガーデンタワー(東京・新宿)に入居しているオリックス生命の拠点で勤務する協力会社の社員1人が新型コロナウイルスに感染していることが24日深夜に判明したと発表した。感染拡大を防ぐために、感染者の行動履歴や感染者への濃厚接触者を調査するとともに、濃厚接触者には自宅待機を指示し、拠点内の消毒作業を実施するなどの対応を取っているという。

加えて、該当部門に勤務する濃厚接触者以外の社員については、25日から当該拠点への出社を必要最小限にすると同時に、在宅勤務を当面の間継続する。全社員に対しては、出張を原則禁止し、37℃以上の発熱がある場合などの出社を禁止する措置を取っている。

住友不動産新宿ガーデンタワーを所有する住友不(8830)によると、25日にオリックス生命から連絡を受け、同ビルのテナントに通知したという。住友不の広報部は日経QUICKニュースの取材に対して「保健所の指導の下、共用部と感染者の勤務する専有部の消毒を実施した」と説明した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン