/

この記事は会員限定です

ヘッジファンド、株高に乗れず 売り持ちや分散投資が裏目

[有料会員限定]

ヘッジファンドが世界的な株高に乗り切れない。米大統領選後にほぼ一本調子で上昇した日米の株価指数の年初からの上昇率に比べ、ヘッジファンドの運用成績は見劣りする。売り持ちを組み合わせた「ロング・ショート戦略」や債券、通貨なども含め運用資産を分散したCTA(商品投資顧問)は、文字どおり運用リスクをヘッジ(回避)する戦略が裏目に出たようだ。

ヘッジファンド指数、年初から上昇率4%

米調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によると、主要ファン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン