菱地所、新丸ビルで新型コロナ感染者確認 共用部を消毒

2020/2/26 13:14
保存
共有
印刷
その他

三菱地所(8802)傘下の三菱地所プロパティマネジメントが管理する新丸の内ビルディング(東京・千代田)に、新型コロナウイルスの感染者が立ち寄ったことが26日、わかった。感染者は同ビルで開催されたイベントに参加したという。三菱地所が日経QUICKニュース(NQN)の取材に対して明らかにした。

三菱地所プロパティマネジメントが同ビルのテナントに通知した。感染者が接触した可能性のある共用部は消毒したという。

同ビルに入居するSMBC日興証券によると、「これまでも各部の受け付けに消毒液の配置や社内でのマスク着用を義務付けているが、さらに徹底するよう社内通知する」(広報部)としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]