/

オリックス、大京をTOB 完全子会社化目指す、約770億円で

オリックス(8591)は26日、連結子会社の大京(8840)株に対しTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。大京の普通株全株を取得し、完全子会社化を目指す。買い付け価格は1株2970円で、期間は29日から12月10日まで。完全子会社化によってグループ内の不動産事業の連携を強化し、経営判断を迅速にするとともに収益拡大につなげる狙い。

買い付け代金は約770億円の見通し。オリックスと大京はともに不動産事業を手がけているが「お互い強みを持つ分野で重複しておらず、事業を補完する関係にある。完全子会社化によって総合不動産グループを目指す」(オリックスグループ広報部)としている。

大京はTOB成立後、上場廃止となる見通し。東京証券取引所は同日、大京株を監理銘柄(確認中)に指定すると発表した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン