/

この記事は会員限定です

株、よぎる6月急落の記憶 売買代金が映す投資家の気迷い

[有料会員限定]

26日の東京株式市場で日経平均株価は一進一退の展開となった。前日は新型コロナウイルスの感染拡大で株価が急落する前の2月21日の終値(2万3386円)を取引時間中に一時上回ったが、終値では伸び悩んだ。きょうも鉄鋼株など足元で買われていたバリュー(割安)株の上昇一服などが重荷となった。足元の上昇局面では、とかく経済実態との乖離(かいり)が指摘されてきただけに、6月の大幅調整の記憶が蘇る市場関係者も少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン