/

パナソニック、「テレビ事業部」の復活発表 4月の組織改革で

パナソニック(6752)は26日、4月1日付の組織改革の一環で「テレビ事業部」を新設すると発表した。家電を扱う社内カンパニー「アプライアンス社」の中にテレビ事業部を設ける。オーディオなど家庭用AV(音響・映像)機器の主要製品と同じ事業部「ホームエンターテインメント事業部」に組み入れていたが、4月から関連機能を移管する。

テレビ事業は、中国からの生産撤退など構造改革を進めていた。事業部として独立させて権限を強め、意思決定を早める。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン