/

日経平均前引け 続伸、173円高の2万6470円

26日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。午前の終値は前日比173円42銭(0.66%)高の2万6470円28銭だった。短期的な過熱感から利益確定売りが先行したが、投資家心理は引き続き強気に傾いており、次第に先高観を背景にした買いが優勢になった。前日の米ハイテク株の上昇も、指数寄与度の高いソフトバンクGなどの買いを誘った。通信や電気、精密が高く、空運や保険が安い。

日経ジャスダック平均株価は反発し、午前の終値は同10円88銭高の3626円49銭だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン