/

JAL、業績連動型株式報酬を不支給 新型コロナで経営厳しく

日本航空(JAL、9201)は26日、2020年3月期を業績評価の最終年度とする3年間の業績目標の達成状況に連動した株式報酬について、一律支給しないことを決めたと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい経営を強いられるなか、同社の報酬委員会が規程どおりの支給は不適当だと答申したのを踏まえた。

同報酬は社内取締役と取締役を兼務しない執行役員を対象として17年に導入した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン