/

この記事は会員限定です

台湾株26日 小反発、好業績銘柄に買い 華碩電脳が高い

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】26日の台湾株式市場で加権指数は小幅に反発した。終値は前週末比10.21ポイント(0.07%)高の1万2909.03だった。米中摩擦を背景とした駆け込み出荷などで台湾では9月の業績が上向いている企業が目立っており、投資家心理の支えとなった。一方、先行して買われていた大型株には売りも出て、相場の上値は重かった。

パソコンの華碩電脳(エイスース)は2%高だった。9月の純利益(単...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン