/

日経平均、反落して始まる 利益確定の売りが先行

26日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落して始まった。始値は前日比41円39銭安の2万6255円47銭。前日までの2日間で指数は700円超上げており、過熱感から利益確定の売りが出た。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、東京都は25日、飲食店などに営業時間の短縮を要請すると決めた。経済活動の一部制限による先行きへの不透明感が売り材料になっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン