/

この記事は会員限定です

米金融政策を読む地区連銀の旅 30日からFOMC

[有料会員限定]

2018年は米国の金融政策を決める高官の顔ぶれが大きく変わる。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が2月3日で退任しパウエル理事が後任に就くほか、1月30~31日に開く米連邦公開市場委員会(FOMC)から政策決定の投票権をもつ地区連銀総裁も入れ替わる。金融市場の参加者は新体制について「緩やかな利上げのイエレン路線を継承する」と予想するが、空席のFRB理事の人選によっては金融引き締めのペースが速...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3925文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン