/

日経平均前引け 急反落、743円安の1万8803円

26日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落した。午前終値は前日比743円34銭安の1万8803円29銭と前日に上回った節目の1万9000円を再び割り込んだ。取引時間中には下げ幅が900円を超える場面もあった。東京都の小池百合子知事が新型コロナウイルスの感染対策で週末の外出自粛を要請し、首都の経済活動の停滞を警戒した日本株売りが膨らんだ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン