/

マネックスGの18年3月期、純利益67億円 コインチェックの業績概要も開示

マネックスグループ(8698)が26日発表した2018年3月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比23倍の67億円だった。国内外で株式売買が活発で手数料収入が伸びた。システム関連費用の減少も利益を押し上げた。売上高にあたる営業収益は536億円と17%増えた。年間配当は1株あたり10円(前の期は5円20銭)とした。19年3月期の連結業績の見通しは「予想が困難」として従来と同様に開示しなかった。

同時に16日に完全子会社化を完了した仮想通貨交換業者、コインチェック(東京・渋谷)の18年3月期業績の概要を発表した。売上高は626億円、営業利益は537億円だった。仮想通貨NEM(ネム)の流出問題に伴い473億円の特別損失が生じ、税引き前利益は63億円だった。マネックスGはコインチェックについて「サービス停止後・一部再開後の期間も営業利益は黒字」と説明している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン