/

この記事は会員限定です

株、米中ビッグディールの予感? 電子部品が支える2万1000円

[有料会員限定]

28日から始まる20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)を前に26日前場の日経平均株価は底堅かった。心理的な節目である2万1000円を割り込まなかったのは、米中対立の火元の一つである中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を巡る変化の兆しだ。

前引けの日経平均は前日比117円安の2万1076円だった。米連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ期待が後退し、前日の米株が下落した流れを引き継...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン