/

金融庁、カブコムに業務改善命令 取引システムの管理などで

金融庁は26日、取引システムの管理が不十分だったなどとして、カブドットコム証券(8703)に業務改善命令を出した。証券取引等監視委員会は15日、同社に対して行政処分を求めるよう勧告していた。

監視委によると、カブコムのシステム障害の状況を検証したところ、発生日時や事象の異なる複数の障害が1件にまとめられていた。障害は実際より大幅に少ない件数が執行役などに報告、容認されていたという。システムの開発に関しても、基本的なテスト項目に漏れがあるなどの不備が見つかった。

金融庁はカブコムに対し、経営管理体制の見直しなど業務改善の取り組みを6月25日までに報告するよう求めた。

カブコムの雨宮猛・専務執行役は今後の対応について「外部の専門家の意見や親会社(三菱UFJ証券ホールディングス)のコンサルティングも受けて改善策を練っていく」と話している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン