9月企業向けサービス価格、前年比0.3%上昇 8月から伸び率拡大

2016/10/26 9:30
保存
共有
印刷
その他

日銀が26日発表した9月の企業向けサービス価格指数(2010年=100)は103.0と、前年同月比0.3%上昇した。人手不足感の強い土木建築サービスや労働者派遣サービスの価格上昇が寄与し、8月(0.2%上昇)から伸び率は小幅に拡大した。前月比では伸び率は横ばいだった。

国際商品相場の底入れもサービス価格上昇に寄与した。外航貨物輸送や国際航空貨物輸送は前年比では依然として2割超の下落だが、燃料費の上昇や鉄鉱石需要の回復などを背景に8月からは下げ幅が縮小した。

一方で宿泊サービスは8月から伸び率が鈍化した。宿泊費が既に高い水準にあることや、大型連休の日並びが前年よりも悪かったことが影響しているという。

日銀は「人手不足を背景に国内需給の改善は続くとみられるが、企業収益や外国人観光客の動向など、なかなか見通せない要素も多い」(調査統計局)としている。

全147品目のうち前年比の上昇品目数は56、下落品目数は56で同数だった。8月は下落品目が3品目多かった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]