米ダウ先物が下落 FRBが米銀大手に配当制限求める

2020/6/26 7:35
保存
共有
印刷
その他

日本時間26日朝の米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で、米株価指数先物が下落している。ダウ工業株30種平均先物で流動性の高い「Eミニ・ダウ工業株30種平均先物」の9月物は一時、米国時間25日の清算値比91ドル安の2万5505ドルを付けた。

米連邦準備理事会(FRB)が25日、米銀行大手の資本計画を判定する健全性審査(ストレステスト)の結果を公表した。経済の不透明感が強まるなかでも抵抗力を維持するため、米銀行大手に2020年7~9月期の自社株買い停止と配当の制限を求めたことを受け、米株式市場の時間外取引でゴールドマン・サックスなど銀行株が下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]