/

JPX日経400大引け、反落 61ポイント安の1万4568

26日のJPX日経インデックス400は反落した。終値は前週末比61.30ポイント(0.42%)安の1万4568.46だった。米追加経済対策協議の難航や、欧米での新型コロナウイルス感染再拡大による不透明感が重荷となった。午後に中国本土市場などアジア株が総じて軟調に推移すると、下げ幅をやや広げた。国内企業の2020年4~9月期決算の内容を見極めたいとして、総じて見送りムードが強かった。

個別ではソフトバンクGリクルートが安く、ソニー村田製が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン