/

ゴールドマンが日本株見通し引き上げ TOPIX1年後目標を1770に

ゴールドマン・サックス証券は26日、日本株の見通しを上方修正した。同日付のリポートで、1年後の東証株価指数(TOPIX)の目標水準を、従来の1650から、直近の指数より約17%高い1770に引き上げた。リポート内でキャシー・松井チーフ日本株ストラテジストらは、実質所得の増加による消費拡大や企業統治改革の進展などを上方修正の理由として掲げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン