2019年3月20日(水)

4月の企業向けサービス価格、前年比0.7%上昇 派遣やトラック上昇

2015/5/26付
保存
共有
印刷
その他

日銀が26日発表した4月の企業向けサービス価格指数(2010年度平均=100)は102.8と、前年同月に比べ0.7%上昇した。4月も一部残る消費増税の影響を除くと0.5%上昇。増税抜きベースで比較すると、3月から伸び率は0.1ポイント拡大した。宿泊サービスの上昇が続いていることや、4月の価格改定で派遣やトラック輸送などの単価が上昇したことが寄与した。

増税の影響を除き前年同月を上回るのは22カ月連続。上昇品目は73、下落は38だった。上昇品目と下落品目の差は35で、3月の26から拡大した。

品目別に見ると、外国人観光客の増加などを背景に宿泊サービスが3月から上昇幅を拡大。自動車産業などが好調で、労働者派遣サービスも伸び率を高めた。トラックなどの道路貨物輸送も人手不足を反映し上昇した。

ただ、昨年4月に有料道路を値上げした影響が一巡したことで、全体の伸び率は小幅な拡大にとどまった。日銀は「エネルギー価格低下の影響もあり、5月にさらに伸び率を高めるかどうかは見通せない」(調査統計局)としている。

企業向けサービス価格指数は運輸や通信、広告など企業間で取引されるサービスの価格水準を示す。今回の発表では2014年度の数値が一部改訂された。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報