/

この記事は会員限定です

中国恒大集団、「偽文書」騒動で株急落 債務に懸念

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】香港株式市場で中国不動産大手の中国恒大集団の株価が下げ止まらない。債務不履行(デフォルト)の可能性があると中国当局に伝える内容の文書が、24日午後からインターネット上で出回っており、警戒する売りが続いた。同社は「文書は捏造(ねつぞう)されたもので公安当局に通報した。法的措置をとる」と発表。しかし25日は関連企業の株にも売りが広がった。仮に文書の内容が事実なら中国の金融システムリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り872文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン