財制審建議、消費税率10%引き上げ「長い道のりの一里塚」

2019/11/25 11:39
保存
共有
印刷
その他

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の榊原定征会長は25日、2020年度予算の編成などに関する建議(意見書)をとりまとめ、麻生太郎財務相に渡した。建議では、10月の消費税率10%への引き上げについて「財政と社会保障制度の持続可能性の確保に向けた長い道のりの一里塚にすぎない」と指摘した。

建議は、足元の低金利について「低金利の恩恵を享受できるのは、日本の財政への信認が大前提であり、低金利環境に安住…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]