対外純資産、2年ぶり増加 16年末、2.9%増の349兆1120億円

2017/5/26 8:51
保存
共有
印刷
その他

日本の企業や政府、個人が海外に持つ資産から負債を引いた対外純資産残高は2016年末時点で前年比2.9%増の349兆1120億円となり、2年ぶりに増加した。4年連続で300兆円を超え、世界最大の債権国の座は26年連続で維持した。日本の投資家の外債投資が活発化した影響などで、対外資産が増えた。麻生太郎財務・金融相が26日午前の閣議で報告した。

対外資産残高は5.0%増の997兆7710億円だった。国内企業による海外企業のM&A(合併・買収)と外債投資が活発で8年連続で伸びた。外国株式・債券の価格上昇も寄与した。

対外負債残高は6.2%増の648兆6580億円と7年連続で増加した。国内投資信託などの上昇に加えて海外投資家による国内債の取得額が増えた。

主要国の16年末の対外純資産は中国が2位で210兆3027億円、ドイツが3位で209兆9234億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]