野村アセット執行役員、信託報酬ゼロ投信「証券人口を増やすプロジェクト」

2020/2/25 15:28
保存
共有
印刷
その他

野村ホールディングス(8604)傘下の野村アセットマネジメントの千田聡執行役員は25日、「つみたてNISA」向けに信託報酬ゼロを打ち出した株式投信「野村スリーゼロ先進国株式投信」を設定することについて「積立投資を行う中心世代である20、30、40代を応援する。証券人口を増やすプロジェクトだ」と背景を語った。

2030年末まで運用会社、販売会社、受託会社の3社すべての報酬をゼロに設定しており、31年以降も業界最低水準の報酬体系を目指して設定する。申し込みはインターネット限定で、運用報告書等の書面もインターネット交付登録済みの顧客が対象と、コストを削減する。

千田執行役員は「(20年の)期間中に投信や株式売買を始める顧客が増えるとか、(野村の)ローンのビジネスが拡大するなど、グループ全体で効果が見込める」と相乗効果にも言及した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]