大和ハウス、経営陣ら減給処分 不適切住宅問題などで

2019/6/25 16:27
保存
共有
印刷
その他

大和ハウス工業(1925)は25日、賃貸アパートと戸建て住宅に不適切な柱や基礎を使っていた問題などを受け、樋口武男会長や芳井敬一社長を含む取締役13人を減給処分にすると発表した。土田和人・藤谷修両専務執行役員の代表権も外す。

樋口会長と芳井社長など4人は7月から2カ月間、報酬の20%を減らす。土田専務など9人の取締役は同期間の報酬の10%分を減らす。一連の不適切問題を踏まえ、8月1日付で社長直轄の法令順守・品質保証推進本部も新設する構造改革も実施する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]