/

この記事は会員限定です

日銀、「主な意見」ににじむ金融政策の限界 政府対策に期待の声も

[有料会員限定]

日銀は25日、予定を前倒しして16日に実施した金融政策決定会合の「主な意見」を公表した。会合では株価指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ倍増などの追加緩和を決定した。だが主な意見で、政策委員からは政府の財政政策に期待する声も出ていたことが分かった。新型コロナウイルス感染症の広がりで景気悪化懸念が深まるなかでも日銀が打てる政策はすでに限界に近いとの意識がにじむ。

「企業の資金繰りに万全を期す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン