トヨタ、グーグル出身のカフナー氏が取締役に 元ロボ開発責任者

2020/3/25 14:12
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車(7203)は25日、子会社で自動運転のソフトウエア開発会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)のジェームス・カフナー最高経営責任者(CEO)がトヨタの取締役に就任する役員人事を発表した。6月に開催予定の定時株主総会と総会後の取締役会を経て正式決定する。

カフナー氏は2009年から16年まで米グーグルに在籍し、自動運転車開発プロジェクトの創設メンバーのひとり。14年からはロボット開発部門の責任者を務めていた。16年にトヨタが米シリコンバレーにつくった人工知能(AI)の研究子会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)に移籍、18年からTRI-ADのCEOを務めてきた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]