/

8月の全国スーパー売上高、前年比3.3%増 4カ月連続プラス

日本チェーンストア協会が25日発表した8月の全国スーパー売上高は1兆1201億円だった。既存店ベースでは前年同月比3.3%増となり、前年実績を4カ月連続で上回った。新型コロナウイルスの感染対策としてテレワークなどによる内食化需要や農産品の相場高もあって、食料品が好調だった。衣料品は外出自粛や催事などの中止が多く苦戦したが、家具や日用雑貨といった住関品は自宅で過ごす時間が増えたことで堅調だった。

構成比率が高い食料品は6.8%増となった。内訳をみると農産品が17.6%と大幅に増加した。青果相場の高騰が続くタマネギやレタス、キャベツなどに加え、価格が安定し比較的安価なもやし、きのこ類なども好調だった。畜産品は10.6%増、水産品も11.0%増えた。惣菜は0.7%増加と5カ月ぶりにプラスに転じた。「家飲みの機会が増え、おつまみなどが伸びたようだ」(日本チェーンストア協会担当者)。

衣料品は16.3%と大幅に減った。テレワークなどで外出が減り、紳士衣料ではスーツ、婦人衣料ではフォーマルなどが不調だった。

住関品は2.0%増だった。ソファやデスクなどが伸びた家具・インテリアが7.9%増となった。一方、家電製品は4.9%減った。前年同月に消費増税前の駆け込み需要があった反動がでた。医薬・化粧品は1.5%減となった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン