/

この記事は会員限定です

オリンパス株急伸 「カイシャ」の進化にうなる投資家

[有料会員限定]

25日の東京株式市場で、オリンパス株が前日比で一時187円(9.7%)高の2105円50銭に急伸し、2月7日に付けた株式分割考慮後の上場来高値(2148円)に接近した。デジタルカメラなどを手掛ける映像事業を投資ファンドに売却すると24日に発表。不採算事業撤退に素早く踏み切ったことを評価した買いが集まった。米有力アクティビスト(物言う株主)関係者を取締役に迎え進化した「カイシャ」の出した結果は、日本株に対する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン