/

この記事は会員限定です

株、米政治リスクでよぎる昨秋の「トラウマ」 高値更新シナリオに黄信号

[有料会員限定]

25日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、節目の2万2000円を下回った。トランプ米大統領の弾劾調査の開始で米政治の先行き不透明感が台頭。対中貿易協議が難航するとの見方が広がり、投資家の防衛本能が働いた。連騰後に米中関係悪化で急落した昨年10月相場の「トラウマ」も多くの投資家に鮮明に残っており、4月の年初来高値(2万2307円)を目前にしながら、更新に暗雲が垂れこめている。

この日はファナック

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン