/

三井住友銀、シティ個人部門の買収を正式発表

三井住友フィナンシャルグループ(8316)傘下の三井住友銀行は25日、子会社のSMBC信託銀行を通じ、米金融大手シティグループの日本法人であるシティバンク銀行の個人部門を取得することに合意したと発表した。2015年10月に事業譲渡を完了する予定。

シティバンク銀行の個人向け事業は、預金残高が9月30日時点で2兆4400億円で、約1600人の従業員を有する。SMBC信託銀が顧客資産や従業員などすべてを引き継ぎ、これまで通りの商品・サービスを継続する。富裕層をターゲットに、外貨運用商品やグローバルサービスなどを提供し富裕層向けのビジネスモデル拡大を目指す。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン