/

この記事は会員限定です

日経平均、過熱感なき急落前超え 相対的な弱さも

[有料会員限定]

日経平均株価は25日の東京株式市場で、2月21日の新型コロナウイルス問題が深刻化する前の水準を一時上回った。感染拡大で世界経済は大幅に落ち込んだが、大規模な財政・金融政策に下支えされながら半年の時間をかけて戻した。需給環境を見ればなお上昇する余地はある。だが、株価回復の経路を見ると、日本株の相対的な弱さが逆に浮き彫りになっている。

日経平均は25日午後の取引開始直後、2万3400円台に上昇し、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン