/

住商が850億円の最終赤字に、減損3250億円 15年3月期

米シェールオイルや北海油田などで損失

住友商事は25日、2015年3月期の連結最終損益(国際会計基準)が850億円の赤字(前期は2230億円の黒字)になる見通しだと発表した。100億円の黒字としていた従来予想から赤字に転落する。米国のシェールオイル開発事業などで、減損損失3250億円を計上する。通期での最終赤字はアジア通貨危機があった1999年3月期以来、16年ぶり。

2400億円を見込んでいた通期の減損損失について850億円上積みした。原油価格の下落を受けた事業計画の見直しにより、米国のシェールオイル開発事業などで減損額が拡大。新たに北海油田事業などでも減損を計上する。

期末配当は前年同期比1円増の25円とする予定を据え置いた。年間では3円増の50円となる。併せて住友商は、16年3月期の年間配当を横ばいの50円にする予定を明らかにした。

同時に発表した中期計画では、最終年度の18年3月期で純利益3000億円以上、自己資本利益率(ROE)10%程度を目標に掲げた。3年間の投資額の計画は合計で1兆2000億円とした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン