シャープ、鴻海に第三者割当増資 出資4890億円

2016/2/25 14:00
保存
共有
印刷
その他

経営再建中のシャープ(6753)が台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループに第三者割当増資を実施して、約4800億円を調達することが、シャープが同日に近畿財務局に提出した有価証券届出書で明らかになった。調達資金は液晶ディスプレーなどの技術開発や量産設備投資などに振り向ける。発行するのは普通株と種類株で普通株は1株118円で32億8195万株を割り当てる。申込期間は6月28日から9月5日まで。発行価格は普通株が1株118円、種類株が同1万1800円。

第三者割当増資の引き受けによる鴻海グループの出資額は合計4890億円。普通株割り当て後の鴻海グループの株式保有比率は65.86%、議決権の割合は66.07%となる。種類株は普通株を対価とする取得条項付きで、すべて行使されたと仮定した場合の議決権保有割合は71.1%になる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]