/

この記事は会員限定です

日経平均、コロナ急落前を上回る 市場の見方

[有料会員限定]

25日の東京株式市場で日経平均株価は午後に2万3400円台に上昇し、新型コロナウイルスの感染拡大で相場が急落する直前の2月21日終値(2万3386円74銭)を一時上回った。新型コロナの新たな治療法やワクチン開発の進展への期待が高まり、景気敏感株を中心に幅広い銘柄が買われた。前日比の上げ幅は400円を超えた。今後の相場動向をどう読むか。関係者に聞いた。

金利背景に株高続く 経済再開見据え循環物色の流れ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン