/

この記事は会員限定です

プレサンス社長逮捕、おきて破りが映す用地取得難

[有料会員限定]

マンション開発を手掛けるプレサンスコーポレーションの社長逮捕をきっかけに、マンション専業の不動産会社が揺れている。23日付で社長を辞任した同社の山岸忍氏が絡んだ大阪府の学校法人の土地売買契約を巡る横領事件は、経営トップ自らが深く関与していた疑いがあり、マンション等の事業用地取得で競争の激しさを印象づけた。

大阪地検特捜部による当時の山岸社長逮捕を受けて、プレサンス株は急落し、社長逮捕の発覚前と比...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン