/

この記事は会員限定です

<東証>三陽商が朝安後、上昇に転じる 下方修正も「織り込み済み」

[有料会員限定]

(12時50分、コード8011)三陽商が朝安後、上昇に転じている。一時は前週末比49円(3.3%)高の1522円まで買われた。21日、2020年2月期(今期)の連結最終損益が22億円の赤字になりそうだと発表した。従来予想(15億円の赤字)から下方修正した。例年と比べ温暖な気候が長期化して冬物衣料販売が低迷したほか、新型肺炎の感染拡大でインバウンド(訪日外国人)消費が落ち込んだことが主因。た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン