/

この記事は会員限定です

富士フイルム株、「特許の崖」懸念で急落 アビガン期待7割消失

[有料会員限定]

25日の東京株式市場で富士フイルムホールディングスが急落した。前期の減益決算に加え、新型コロナウイルスの治療薬として注目が集まる「アビガン」への期待の後退が売りを呼んだ。

一時は前週末比221円(4.5%)安の4724円まで売られ、3月24日以来およそ2カ月ぶりの安値に沈んだ。3月13日に付けた年初来安値(4152円)から、アビガン期待で4月6日に付けた同高値(6420円)までの上げ幅の75%を帳消しにした。

22...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン