/

三菱UFJ証券、カブコムを子会社化 グループ戦略強化

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)傘下の三菱UFJ証券ホールディングス(HD)は25日、カブドットコム証券(8703)を子会社化すると発表した。筆頭株主の三菱東京UFJ銀行から4月1日に取得し、出資比率を50.6%(議決権ベース)に高める。2014年9月末時点では11.8%だった。直近の時価ベースで約500億円の出資に相当する。三菱東京UFJ銀の出資比率は株式の譲渡後、従来の44.9%(同、14年9月末時点)から6.0%に下がる。

三菱UFJ証券HDを軸にグループの証券戦略を強化する一環としている。投資情報の相互提供や共同セミナー開催、カブコムのIT(情報技術)活用によるグループ内のシステム基盤の強化などを検討している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン