2019年3月20日(水)

全国消費者物価、8月は2年4カ月ぶり下落 市場予想と同水準

2015/9/25付
保存
共有
印刷
その他

総務省が25日に発表した8月の全国消費者物価指数(CPI、2010年=100)は、値動きの大きな生鮮食品を除いたコアCPIが103.4となり、前年同月比で0.1%下落した。前年比の下落は13年4月以来、2年4カ月ぶりとなった。原油価格の下落を受け電気代やガソリン価格が下がったことが主な要因。QUICKがまとめた市場予想の中央値(0.1%下落)とは同水準だった。

もっとも、菓子類の値上げや訪日外国人の増加による宿泊料の上昇などは物価を下支えした。食料・エネルギーを除く「コアコアCPI」は0.8%上昇の101.5となり、7月(0.6%上昇)から上げ幅が拡大した。総務省は「エネルギー価格下落の影響を除くと、物価の上昇基調は続いている」との見方を示した。天候不順でキャベツなどの野菜が値上がりしたこともあり、生鮮食品を含む総合指数も0.2%上昇した。

生鮮食品を除いた品目別では上昇が339、下落が131、横ばいが54だった。7月から上昇、下落ともに品目数がやや減り、横ばいが増えた。

先行指標となる9月の東京都区部のCPI(中旬速報値、10年=100)は、生鮮食品を除く総合が101.9と、0.2%下落した。原油安の影響で下げ幅は8月(0.1%下落)から拡大した。一方、都区部のコアコアCPIは0.6%上昇し、上昇基調が続いた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報