/

この記事は会員限定です

武田株急落なぜ ヘッジファンドなど財務悪化を懸念

[有料会員限定]

25日の東京株式市場で武田薬品工業株が急落し、約1年5カ月ぶりの安値圏に沈んだ。アイルランド製薬大手シャイアーの買収の合意へ最終調整に入ったと伝わり、財務悪化を懸念したヘッジファンドなどが売りを出したからだ。提案条件から算出した買収金額は約7兆円。市場では「シャイアーの収益性の高さを考えれば高額の買収も妥当」との見方がある一方、主力薬で競合相手が登場しシャイアーの業績成長が鈍化するリスクを指摘する声もある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン