/

この記事は会員限定です

<東証>塩野義が反落 インフル薬「ゾフルーザ」の耐性ウイルスで

[有料会員限定]

(14時、コード4507)塩野義が反落している。後場は前日比165円(2.5%)安の6450円まで下げた。国立感染症研究所が24日、塩野義のインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」を使った患者から、治療薬に耐性をもつ変異ウイルスが検出されたと発表した。ゾフルーザの販売への影響を懸念した売りが出ているようだ。

ゾフルーザの処方は1回錠剤を飲むだけで済むため、従来のインフル治療薬に比べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン