2019年3月19日(火)

10月企業向けサービス価格、前年比3.6%上昇 増税除く伸び率は01年以降で最大

2014/11/25付
保存
共有
印刷
その他

日銀が25日発表した10月の企業向けサービス価格指数(2010年平均=100)は102.5と前年同月に比べ3.6%上昇した。伸び率は前月から0.1ポイント拡大した。企業収益の好調さを背景に広告などが伸びた。消費税引き上げの影響を除く伸び率は0.9%と、増税の影響を除くベースで前年比の比較が可能な2001年1月以降では最も高い伸びだった。

広告が前年同月比4.5%上昇と、プラス幅を拡大した。収益が好調な自動車や電気機械からの出稿が増え、新聞広告などが上昇に寄与した。情報通信もプラスだった。仮想店舗の売り上げ好調を背景に、インターネット付随サービスの伸びが目立った。

一方、道路貨物輸送などを含む運輸・郵便は前年比のプラス幅は9月から横ばいだった。輸送会社のコスト転嫁意欲は強く「供給力不足をてこにした値上げ交渉は続いている」(日銀調査統計局)という。

企業向けサービス価格指数は運輸や通信、広告など企業間で取引される価格水準を示す。

調査対象の147品目のうち、上昇が84品目に対し下落は38品目と13カ月連続で上昇が下落を上回った。上昇品目数は現行基準としては最多だった。日銀は「企業サービス関連の支出の明るさは続いている」(調査統計局)と見ている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報