/

この記事は会員限定です

「実質」なのに実在せず、額に意味ないGDPの読み方

[有料会員限定]

12月に控える国内総生産(GDP)など国民経済計算の基準改定で、影響をとりわけ受けるのが実質GDPだ。物価変動に左右されない変化をみるのに重要な実質GDPだが、その額は実在しているものではなく、金額表示そのものには意味はない。そもそも実質GDPとはなんだろうか。そして基準替えによってどのように変わるのだろうか。

「基準の年の価格で測るといくらか」

実質GDPの前の期からの伸び率である実質成長率が「物価変動の影響を除いた成長率」である...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1937文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン