/

この記事は会員限定です

S&P、南ア国債「投機的」に格下げ ムーディーズは格下げ方向で見直し

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=森田理恵】米格付け大手S&Pグローバル・レーティングスは24日、南アフリカの自国通貨建ての長期債務格付けを、投資適格の最低水準である「トリプルBマイナス」から「投機的」とされる「ダブルBプラス」に引き下げたと発表した。あわせて外貨建ての長期債務格付けは投機的とされる「ダブルBプラス」から「ダブルB」にさらに1段階引き下げた。これで南ア国債は自国通貨建て、外貨建てとも投機的水準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン