/

この記事は会員限定です

中国株運用「高齢化で医薬品が有望、内需関連に魅力」

恵理基金管理の徐福宏氏に聞く

[有料会員限定]

中国景気の回復を背景に中国本土や香港の株式相場が総じて堅調だ。新型コロナウイルス禍のもとでは中国のハイテク大手株が相場をけん引したが、今後の市場をどう展望するか。香港拠点の有力運用会社、恵理基金管理(バリュー・パートナーズ)の徐福宏シニア・ファンド・マネジャーに聞いた。(聞き手はNQN香港=川上宗馬)

国内消費が経済けん引 米中覇権争いに変化なし

――中国経済の回復が続いています。

「中国の経済活動は新型コロナの影響を受けた後、4月には正常化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1339文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン