住友生命の前期、基礎利益9%増 外債積み増しで利息増

2019/5/24 14:51
保存
共有
印刷
その他

住友生命保険が24日に発表した2019年3月期の決算は、本業のもうけを示す基礎利益がグループ全体で前の期比9%増の3976億円だった。外国債券の積み増しなどにより、利息および配当金収入が増えた。米子会社シメトラの利益効率が改善したことも利益を押し上げた。

売上高にあたる保険料等収入は3%減の2兆6056億円だった。海外事業で保険契約が伸びる半面、国内の貯蓄性商品の販売減少が響いた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]