明治安田の前期、基礎利益8%増 2年連続で過去最高

2019/5/24 14:43
保存
共有
印刷
その他

明治安田生命保険が24日発表した2019年3月期の決算は、本業のもうけを示す基礎利益がグループ全体で前の期比8%増の6338億円だった。外債の積み増しに伴う利息収入の増加や株式の配当金収入で利差益が大幅拡大したことに加え、傘下の米中堅生保スタンコープ社の業績も好調で2年連続で過去最高益を更新した。

一般事業会社の売上高にあたる保険料等収入は、グループ全体で同2%増の3兆813億円だった。明治安田生命単体で販売している外貨建て保険の売れ行きが好調だったほか、スタンコープ社の業績好調が保険料収入の押し上げに寄与した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]